Xperiaが過去の栄光を取り戻すために必要なラインナップ

どうも
Xperia1iiはZ時代を思い出させる神機として
Xperia信者やガジェットオタクの間で
話題になりましたね。

まあでも
今のラインナップじゃ
「金があるならXperia買ってもいい」
ぐらいの立ち位置を超えることが
できないと思えます。

ですので今のXperiaに必要なラインナップを
考察してみたのでつらつらと
書いていきたいと思います。

Xperiaが過去の栄光を取り戻すために必要なラインナップ

以下の3つがラインナップに必要だと思います。

・Ultra ライン
・Play ライン
・α(cyber shot)ライン

この3つを出すことにより、
いまだに存在するズルトラ難民や、
ゲーミング層・カメラ層を
2年に一度程度の長期スパンで
出すことにより、
その路線の信者を
Xperiaにとどめて置けるかもしれません。

では1つづつ解説していきます。

Ultra ライン

Xperiaで一番信者が多いスマホ
Xperia Z ULTRAの後継機を
出してくれという話です。

いろんなガジェットYoutuberや
ガジェットブロガーも
愛用していた実績があり
出すだけで大ヒット間違えない
商品となっています。
少なくとも俺は買う。

スペックとしては
Snapdragon730移行
Dimensity 720移行
のAntutu25満点ライン以上であれば
ズルトラユーザーに不満はないと思われます。

サイズ感としては
Z ultraと同じ
179x92x6.5mmでも
アスペクト比9:18の
画面サイズ7.44インチであれば
収まることが、
ディスプレイ計算ツールから
割り出せています。

最低限のカメラ構成
(標準、超広角)
さえあれば満足でしょう。

Z ultraはそこそこ薄いので
バッテリーを
どこまで搭載できるかは不明ですが、
画面サイズを考えたら
4500mAhは欲しいですね

ハイエンドではないため
ネーミング的には10 ultraあたいではないでしょうか。

現代、ではミドルレンジのスマホでも
3Dゲームもそれなりにプレイできるため、
ハイエンドである必要はなく、
ソニーの強気価格で
~7万円でこれを出せれば
わりと売れそうな気はしますね。
SoCと他社の価格を見れば
~5万ぐらいが相場なきもしますが。

Play ライン

Xperiaでガチの迷機である
Xperia Playが
現代では名機になる可能性

XperiaにはHSパワーコントロールとかいう
他社にはない独自のゲーミング機能があり、
この機能をonにすると
充電せずに給電してくれる機能があります。
(給電することにより発熱を抑えてプレイできます)

これと現代のハイエンドSoC+物理コントローラーで
ゲーミングスマホの頂点を目指してほしいです。

現在nubia red magic5GやBlack shark3などが
国内販売されるなど、
ゲーミングスマホの国内需要は
確実にあり、
sonyのゲーミングスマホとなれば
世界中でヒット間違えないでしょう。

(まあdualshock 4をスマホにつなげば
同じようなことできるんですけどね)

スペックイメージとしては
Snapdragon最上位SoC
RAM12以上
最低限のカメラ
スライド式コントローラー
ネーミング的には
5 Play or 1 Playといったところでしょうか。

α(cyber shot)ライン

カメラ特化のミッドレンジモデルです。
ガラケー時代には
cyber shotケータイとか言った
カメラ特化のケータイがあったなあと

IMX700以上のセンサーを搭載した
メインレンズ、超広角に
光学5倍以上の望遠レンズ
深度センサーにマクロレンズ

インカメラは配信で背面に
小型のセカンドディスプレイを
用意し自撮りにもメインレンズを
使用できる仕様がならなおさら良い

ガラケー時代に
背面ディスプレイ搭載モデルがあったため
できないことはないのかなと思います。


Xperia 1iiでは標準アプリでの
撮影ユーザビリティが低すぎなのと
接写性能が低いので
この二点を重点的に修整をしつつ
落とし込めれば最高かな~って感じです。

スペックはultraと同じでミドルクラス。
ゲームに特化しない人以外は
ハイエンドSoCはやはり不要に感じます。

スマホでLightroom現像するひともいますが、
ミッドレンジ以上なら問題なく現像できるでしょう。

IMX700を搭載しているミッドレンジの
honar 30が4~5マンということを考えれば
強気値段でも~7万ぐらいの価格設定が
現実的。

xperia 1iiのカメラは
Photography Proを使えば悪くないかな
と思いますが、もう一歩感が否めないので
カメラ特化モデルの登場が心より待ち遠しいです。

まとめ

SONYの現代のラインナップをみると
かなり正統派な端末が多く
邪道ぶっている部分も
ぶっちゃけ他社に勝てていない状況です。

上記のようなガイジラインナップの
どれかを現実化させてもらって
早く栄光を取り戻してくれ